« いつからなのか | トップページ | 悪魔の技術 2 »

2016年8月10日 (水)

蔓延る原因

人間を棄てた存在、人外が蔓延る原因…

下記は解りやすく纏まっている。


トルーマンの3S政策 【獣化計画・悲しき日本人の真実】 享楽主義に逆行する勇気
URL:
http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=dragon-excalibur&articleId=12181152804&frm_src=article_articleList


ナチス化しつつある日本 - 何が日本人を奴隷化しているのか? -
URL:
http://m.togetter.com/li/404937


国家どうしが裏で手をつなぎ国民同士の争いを仕組む。それが戦争だ、という -

http://togetter.com/li/421797


>国家の敵は他の国家ではなく国民である。そのために国家どうしが裏で手をつなぎ国民同士の争いを仕組む。それが戦争だ。《国家はシステムであり人間ではない。》人間が人間を利用するために作ったシステムが人間を敵視している。国家はもともとそのように設計されたロボットなのだ。


>普通の人が普通にやれば狂った社会が作られる。《普通の人たちが普通に狂っている。立場に怯え、世間体に怯え、言葉に怯えているのがわかる。》世間の死んだ言葉に追い立てられている。


>明治維新で日本政府を作ったのは西洋人であり、今も彼らがこの国民を所有している。《ほとんどの日本人はこの事実を知らない。》権威主義的で付和雷同を常とする羊のような気質は、その気質を持つ日本人がする議論や教育では変える事が出来ない。羊民族であるのを認識すらできていない。


>日本人集団で考える集団は個人を警戒し敵視する。《強い相手には弱く弱い相手には強い。権威主義的で主体性を偽装し、主体性の偽装を仲間にも強要する。この習性によってあらゆる集団犯罪が隠され続けている。日本人はそれを自覚できない。》日本人は自身の習性に苦悶しているのだ。


>人は力を得ようと集団を作り、利用する。ところが集団はそれ自体の意思を持つ。《人は集団に喰われる。集団の意思に対して無自覚になり、集団の部品になる。》いじめには集団に対する怖れや依存がある。集団主義がいじめを発生させている。集団主義の行き着く先は戦争だ。

−−−−−


国家どうしが裏で手をつなぎ、というくだり、国家以外、宗教や他の対立するものと置き換えても、全てストンとくる。全ては人外が人間を欺くための茶番劇だ。


日本独特の羊気質、そこにつけこまれて日本人に気づかれないように(異変に気づいた人もなかにはいて警鐘を鳴らしたかもしれないが)長い年数をかけて闇に浸食されていったのか…

そして集団ストーカー、テクノロジー犯罪というかたちで闇に浸食された日本の今の姿が現れたのか。

« いつからなのか | トップページ | 悪魔の技術 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いつからなのか | トップページ | 悪魔の技術 2 »

無料ブログはココログ