« 「真実の目」より | トップページ | いつからなのか »

2016年8月 3日 (水)

悪魔の計画

共産主義(コミンテルン)と、イルミナティと、グローバリズム(大企業=偽ユダヤ)は、同じ穴のムジナです。


1773年ヴァイスハウプトは、ロスチャイルド家の1人から、イルミナティという組織を作るよう任命され、1776年5月1日に達成しました。

◇ アダム・ヴァイスハウプト(1748〜1830)イルミナティ創設者
彼が任命された目標は、全部で25項目


人々を、善ではなく、悪に向けさせろ。

リベラリズムを説け。

“自由”の概念を使って階級戦争を起こせ(まさに実行中です)

イルミナティの目標達成のためなら、どんな手段も惜しまないこと。

イルミナティの権利は力の中にある。

我々の富の力は表面化しないように保たなくてはならない。

どんな狡猾さ、力によっても損なわれない強さを得るまでは、群集心理をつかんで、大衆を操作しろ。

酒、麻薬、退廃的モラル あらゆる悪徳を使って、 若者のモラルを組織的に低下させよ。

どんな手を使っても不動産を没収せよ。

心理戦争として、「自由・平等・愛」などのスローガンが、大衆の口から出るようにさせよ。

戦争をしかけよ。

どちらの側の国々も、負債を抱え込むよう戦争を実行させよ。

また、和平会議では、双方が領土を獲得しないようにせよ。

我々は財を活用して、要求におとなしく従って、影で操る者たちのゲームの駒となる候補者を、議員に選ばなければならない。

メディアを支配せよ。

エージェントたちは、トラウマを生む状況を扇動しながら終わった後、大衆の救世主として現れる(実際には)その逆で、 大衆の殺戮(さつりく)に関心を抱く。

不況、金融パニック、失業、餓え、食料不足を引き起こし、これらを大衆コントロールに利用せよ。

生意気な邪魔者は、暴徒を使って一掃=(暗殺、テロ)せよ。

組織的な目くらましに価値がある。

理想の高いスローガンや、言葉を使用して、無理と分かっていても、大衆には太っ腹な公約をせよ。

支配を手に入れるために密使を使った外交活動をせよ。

世界統一政府に繋がる巨大な独占支配を樹立せよ。

原材料のコントロールによる経済破綻を導くために、高い税率と、不公平な競争を用いよ。


労働者同士の間に争いを起こし、競争を相手に補助金を与えよ。

我々の利益を守るのに足るだけの武装警察兵力を蓄えよ。

嘘(うそ)と分かっている理論や、原則を教え込むことで、社会の若い構成員を騙(だま)して、 混乱させ、腐敗させる。

この目的のために、社会・政府のすべての階級の中に潜入せよ。

国内法、国際法は、文明を破壊するために使う。

−−−−−−
以上、あるコミュニティーから転載


集スト、テクノロジー犯罪も含めた大規模な邪悪な計画(某カルトは計画実行部隊のひとつであるのは被害者なら周知の事実)は、これを手本にしているのがよくわかります。

もしもこの創設者とやらの存在が無ければ、現代はもっと変わってたかも、集スト、テクノロジー犯罪自体が起きなかったかもしれません。


追記(追記した直後に外でカルトヘリ通過と、鳥の鳴き声音声送信がありました、人外共の執拗さ)

>集団ストーカーという技術はイルミナティにより作られ、その後、東ドイツにより洗練されたのち、日本に輸入される。
警察が取り締まらないのは、首謀者が国家(厳密に言えば明治維新により日本を乗っ取った勢力。)だからである。
盗聴器などが見つからないのは、レーザー盗聴を行っているからである。
ほかにも放射性物質散布、マイクロ波攻撃、思考盗聴など被害者を使い人体実験を行っている。
これらの技術はやがて量産化され、全人類に向けられる計画である。

詳しく知りたい方は上記のキーワードを検索してほしい。

日本の自殺の9割は他殺であり、世界の支配者の邪魔になるものは始末されるのだ。
マルドゥク派閥アナンヌキ
黒貴族
イルミナティ
...ずっと下り日本の支配者。
その下請けとして、創価学会をはじめさまざまな利権集団が実行している。
これらから得られる情報はスーパーコンピュータにより蓄積されている。

ポケモンGOも監視アプリである。

« 「真実の目」より | トップページ | いつからなのか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「真実の目」より | トップページ | いつからなのか »

無料ブログはココログ