2017年7月28日 (金)

[転載]集団ストーカーの答えと真犯人

「集団ストーカーの答えと真犯人」

http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=walker-memo&articleId=12294550212&frm_src=article_articleList


ウォーカーさんのブログはよく纏まっており、読みやすいので、
ここに転載しました。

本文の一部を下記に。
長文なので(よく纏まっていて読みやすいです)詳しくはリンク先を読んでください。
(※本文内で引用されている箇所は転載してません。本文内のリンク先から更に読み進めてください)


>集団ストーカーの真相は、貴族連合によるOWO(旧世界秩序)維持・完成のための人類を完全に支配するための総合実験でしょう。イルミナティを調べて分かったのはこのシステムは特定の血族に支配されており、原型をたどるとカルタゴ(フェニキア)、ローマ帝国、エジプトなど古代の大国の支配層に行き着くという事です。CIAのMKウルトラも原型をたどるとエジプトの『死者の書』まで行き着くそうです。

>恐らく、『集団ストーカー』という名称に大きな問題があるのだと私は考えます。
本当は、超法規的組織による高度な人格修正プログラムであり、個人に対する目的は完全なる奴隷の創造でしょう。

>集団ストーカーは、大きく分けて3つあります。
1.黒い貴族とDVDを主体とした全世界的な大規模集団ストーカー。
2.政府を主体としたその国家の内部で行われる集団ストーカー。
3.特定宗教団体やマフィアなど、規模の大きい1組織で行われる組織内集団ストーカー。

3は2、1と繋がっています。2も1と繋がっています。1から始まった集団ストーカーが、2や3に移行することが多々あります。

2016年10月16日 (日)

被害報告 追記

昨日、ブログの更新のあと、
案の定、集スト側の攻撃がありました。


会話のなかに仄めかしワード入れの攻撃、遅延工作、陥れ工作と器物破損やられました。

陥れ工作は、首謀者から指示を受けて実行する者のなかで首謀者に特に近い位置にある人間は非常にズル賢く心理学を悪用し、此方が不利になるよう(被害者が全て悪いよう)に事を持っていき、非常に膓の煮えくりかえる怒りを覚えます。


首謀者に特に近い位置にいる人間は、今までの私の人生を振り返ってみると、
「運命操作」「囲い込み」のキーワードをあてはめると誰かわかってきました。
間違いなく複数います。

2016年10月15日 (土)

被害報告

暫くブログの更新を止めてました。

更新の度、日常での被害が(屋外の超大量動員集スト、カルト車両、カルトヘリのノイズキャンペーン、人外共のストリートシアター、ハイエナ(カルトS価)の尖兵による陥れ工作)何時もより強力になったのと

8月に遠方にいる家族(集スト被害には無自覚)が、被害に遭ったためです(コリジョンキャンペーンか事故誘導による事故)
家族の事故は幸い大事には至りませんでしたが、事故による損失は大きかったです。

先日引っ越しました。
予測はしてましたが、周囲は老若男女のカルト人外が巣食う町内で自宅(アパート)の階下は全く生活感の無い入居者不明の部屋でした(加害工作用で使われているものと思われ、就寝時に音立てをしてくる以外気配が全く無い)隣部屋は案の定工作員が居ました。


閑静な住宅街なので(更にノイズキャンペーンを強調させるために不自然に静かになっている)、
こちらの動きに合わせて、人外側がノイズキャンペーンでのアンカリングをしやすい状態になっていました。

カルトヘリでの攻撃は前の居住地と変わらずです。一時間に4〜5回、間隔が空くか全く飛んできてない時は、自宅の周辺が生活音のフリをしてノイズキャンペーンをしかけてきます。


電磁波による身体への攻撃(皮膚をぴくつかせる)は、転居前は右脚に集中してましたが、転居後は、左脚に集中…どこからと部屋の外、真っ直ぐ向かいに建つ電柱に変な箱(のようなもの)が取り付けられてるのが見えたので、加害装置の一部、なのでは?と睨んでます。
(階下にも加害装置はあるのだろうけど)

他の被害者のかたもやられている、眠らせない、眠らせられる攻撃もやられてます(眠れない時は携帯をポチポチやってると寝落ちするのが常だったのですが、被害を自覚してからは全く眠気が来ない時がある。あと集スト被害に関することを纏めようと頭を働かそうとすると急に眠気が来て眠らされてしまう)


祖父母の代でカルトS価の標的にされてしまったことから始まり、私も生まれた頃から被害を受けていたのだと自覚をし、
被害関連の記事や被害者の方々のブログを読んで…

「運命操作」「(集ストによる)囲い込み」で

ぼんやりとですが、私の被害の場合ですが(他の被害者の方々も一部同じような被害かもしれません)わかってきたことがあります。まだ纏まりませんが(集スト側に思考盗聴されているのは可能性は充分あるので、この時点で人外側に感づかれたかもです)


2016年8月21日 (日)

雑感

聞こえはいいがこれも悪魔の技術、だよね?

この技術、既に何処かで悪用されている(我々テクノロジー犯罪の被害者が悪魔の技術で思考盗聴され人外のエゴの実験台にされているように)可能性があるような感じが否めない…

脳に隠された”物理エンジン”が未来を予測する(米研究)

URL:
http://karapaia.m.livedoor.biz/article/52223213?guid=ON


電脳化。脳同士を接続し集合知能のアウトプットに成功、動物実験で(米研究)
URL:
http://karapaia.m.livedoor.biz/article/52196473?guid=ON

劣化の一途


現代社会を風刺したシュールなイラスト集 
URL:
http://karapaia.m.livedoor.biz/article/52222267?guid=ON&p=1&type=more

(本文より)
ポーランド出身のアーティスト、パヴェル・クチンスキは現代社会が抱える差別や貧困などの問題のほか、戦争、ネットをテーマにした風刺画を生み出し、数多くの賞を受賞している。

彼が鋭い視点で淡々と描いたイラストは、さまざまなメディアからもとりあげられている。その一部が海外サイトにて公開されていた。

−−−−−−−

なかなか鋭いところをついているこの風刺画。
個人的には表現もう少しキツくてもいいかな。


2016年8月10日 (水)

悪魔の技術 2

テクノロジー犯罪関連からいろいろ調べていって、
「ツァイトガイスト」という映画の存在を知った。


日本では上映されたのかはわかりませんが…

(日本では「都合が悪い」内容の映画だから大々的に上映されなかったか上映禁止かも??)


zeitgeist the movie 関連
URL:
http://sneezingsparrow.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=97660476&page=4


テクノロジー犯罪に間違いなく使われているだろう(秘密裏に運用されている)という悪魔の技術が作中に出てきます。

こんな邪悪なことに智恵をまわすしか脳が無い奴等は「頭が悪い」の一言。

知らなければならないことが詰まってる映画ですが、

作品に関してのの注意喚起も。
こちら、

映画「スライヴ」と「ツァイトガイスト」
URL:
http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?guid=ON&unm=dragon-excalibur&articleId=12148165738


先に挙げたものもどちらも的を得ている。

判断は受け手に委ねる(受け手が考えなきゃいけない)けど、
こうしているいまこの時も、
日本で、世界中の国で、悪魔の技術で苦しんでいる人間がいるのは紛れもなく事実だということ。

蔓延る原因

人間を棄てた存在、人外が蔓延る原因…

下記は解りやすく纏まっている。


トルーマンの3S政策 【獣化計画・悲しき日本人の真実】 享楽主義に逆行する勇気
URL:
http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=dragon-excalibur&articleId=12181152804&frm_src=article_articleList


ナチス化しつつある日本 - 何が日本人を奴隷化しているのか? -
URL:
http://m.togetter.com/li/404937


国家どうしが裏で手をつなぎ国民同士の争いを仕組む。それが戦争だ、という -

http://togetter.com/li/421797


>国家の敵は他の国家ではなく国民である。そのために国家どうしが裏で手をつなぎ国民同士の争いを仕組む。それが戦争だ。《国家はシステムであり人間ではない。》人間が人間を利用するために作ったシステムが人間を敵視している。国家はもともとそのように設計されたロボットなのだ。


>普通の人が普通にやれば狂った社会が作られる。《普通の人たちが普通に狂っている。立場に怯え、世間体に怯え、言葉に怯えているのがわかる。》世間の死んだ言葉に追い立てられている。


>明治維新で日本政府を作ったのは西洋人であり、今も彼らがこの国民を所有している。《ほとんどの日本人はこの事実を知らない。》権威主義的で付和雷同を常とする羊のような気質は、その気質を持つ日本人がする議論や教育では変える事が出来ない。羊民族であるのを認識すらできていない。


>日本人集団で考える集団は個人を警戒し敵視する。《強い相手には弱く弱い相手には強い。権威主義的で主体性を偽装し、主体性の偽装を仲間にも強要する。この習性によってあらゆる集団犯罪が隠され続けている。日本人はそれを自覚できない。》日本人は自身の習性に苦悶しているのだ。


>人は力を得ようと集団を作り、利用する。ところが集団はそれ自体の意思を持つ。《人は集団に喰われる。集団の意思に対して無自覚になり、集団の部品になる。》いじめには集団に対する怖れや依存がある。集団主義がいじめを発生させている。集団主義の行き着く先は戦争だ。

−−−−−


国家どうしが裏で手をつなぎ、というくだり、国家以外、宗教や他の対立するものと置き換えても、全てストンとくる。全ては人外が人間を欺くための茶番劇だ。


日本独特の羊気質、そこにつけこまれて日本人に気づかれないように(異変に気づいた人もなかにはいて警鐘を鳴らしたかもしれないが)長い年数をかけて闇に浸食されていったのか…

そして集団ストーカー、テクノロジー犯罪というかたちで闇に浸食された日本の今の姿が現れたのか。

2016年8月 8日 (月)

いつからなのか

全国の集スト、テクノロジー被害を受けている被害者の方々は、この世界が本物ではない偽物の平和を装った狂気に満ちた世界だというのを(被害の規模は個人差はあれど)肌で犇々と感じ取っているだろう。

「外から攻撃され、内から浸食されている現状に気付く日本人」DARKNESS DUAより

http://googleweblight.com/?lite_url=http://www.bllackz.com/?m%3Dc%26c%3D20140512T1806000900&ei=hwOyWLvc&lc=ja-JP&s=1&m=144&host=www.google.co.jp&f=1&gl=jp&q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E6%B5%B8%E9%A3%9F%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%82%8B&ts=1470259817&sig=AKOVD65KXxmcv-QnyfNJWrUV-FC2Y3pa8g

>日本人は和を好み、協調に生きる民族なので、組織に入ったら必ずトップやリーダーの言うことを聞く。それが極端なまでに徹底されているのが日本の特徴である。

>ところが、この日本人の大きな利点は、逆に大きな弱点になってしまう。

>話は簡単だ。トップが間違えてしまったら、歯止めが効かなくなって、全員玉砕になってしまうのである。


>政治が乗っ取られたら、その政治家が日本人に牙を剥く。
宗教が乗っ取られたら、その信者が日本人に牙を剥く。
経営が乗っ取られたら、その経営者が日本人に牙を剥く。
市政が乗っ取られたら、その市長が日本人に牙を剥く。
教育が乗っ取られたら、その教師が日本人に牙を剥く。
報道が乗っ取られたら、その新聞が日本人に牙を剥く。

−−−−−

我々集スト、テクノロジー被害者が被害の声を公に届きにくくしている、犠牲者も減らない腐りに腐りきった社会システムは昨日今日出来上がったものではない。
この邪悪で堅牢なシステムの土台となるものが出来上がったのは一体いつ?と、遡ったら明治維新の頃になる…


情報速報ドットコム 【歴史の真実】坂本竜馬を動かした黒幕!ロスチャイルド家が仕組んだ明治維新!
URL:
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-227.html


−−−−−


この頃に日本は内側からサンドバッグにされるように作り変えられていったのかと考えると…

余談で個人的に。
フルベッキという人物、あなたも毒麦だ。野外大量動員集ストに参加していたシスター二人組と同様にね。

追記

私は歴史関連はあまり強くないです。集スト、テクノロジー被害を社会、政治、歴史関連から詳しく考察している他のブロガーさまのほうが参考になるかと思います。

追記2


「アメリカの実権はシオニスト・ユダヤ系が、日本の実権は朝鮮系が握っています」日本や世界や宇宙の動向
URL:
http://blog.m.livedoor.jp/wisdomkeeper/article/51921832

ユダヤもユダヤと偽ユダヤがあって諸悪の元凶は偽ユダヤといわれるほうなんでしょう。


個人的咀嚼。
ロスチャイルド→ラスボス

その他(CIA等)→ステージボス


此れらを倒そうと奮い起つ勇者→世界中集めてもまだ足りない、人手不足

2016年8月 3日 (水)

悪魔の計画

共産主義(コミンテルン)と、イルミナティと、グローバリズム(大企業=偽ユダヤ)は、同じ穴のムジナです。


1773年ヴァイスハウプトは、ロスチャイルド家の1人から、イルミナティという組織を作るよう任命され、1776年5月1日に達成しました。

◇ アダム・ヴァイスハウプト(1748〜1830)イルミナティ創設者
彼が任命された目標は、全部で25項目


人々を、善ではなく、悪に向けさせろ。

リベラリズムを説け。

“自由”の概念を使って階級戦争を起こせ(まさに実行中です)

イルミナティの目標達成のためなら、どんな手段も惜しまないこと。

イルミナティの権利は力の中にある。

我々の富の力は表面化しないように保たなくてはならない。

どんな狡猾さ、力によっても損なわれない強さを得るまでは、群集心理をつかんで、大衆を操作しろ。

酒、麻薬、退廃的モラル あらゆる悪徳を使って、 若者のモラルを組織的に低下させよ。

どんな手を使っても不動産を没収せよ。

心理戦争として、「自由・平等・愛」などのスローガンが、大衆の口から出るようにさせよ。

戦争をしかけよ。

どちらの側の国々も、負債を抱え込むよう戦争を実行させよ。

また、和平会議では、双方が領土を獲得しないようにせよ。

我々は財を活用して、要求におとなしく従って、影で操る者たちのゲームの駒となる候補者を、議員に選ばなければならない。

メディアを支配せよ。

エージェントたちは、トラウマを生む状況を扇動しながら終わった後、大衆の救世主として現れる(実際には)その逆で、 大衆の殺戮(さつりく)に関心を抱く。

不況、金融パニック、失業、餓え、食料不足を引き起こし、これらを大衆コントロールに利用せよ。

生意気な邪魔者は、暴徒を使って一掃=(暗殺、テロ)せよ。

組織的な目くらましに価値がある。

理想の高いスローガンや、言葉を使用して、無理と分かっていても、大衆には太っ腹な公約をせよ。

支配を手に入れるために密使を使った外交活動をせよ。

世界統一政府に繋がる巨大な独占支配を樹立せよ。

原材料のコントロールによる経済破綻を導くために、高い税率と、不公平な競争を用いよ。


労働者同士の間に争いを起こし、競争を相手に補助金を与えよ。

我々の利益を守るのに足るだけの武装警察兵力を蓄えよ。

嘘(うそ)と分かっている理論や、原則を教え込むことで、社会の若い構成員を騙(だま)して、 混乱させ、腐敗させる。

この目的のために、社会・政府のすべての階級の中に潜入せよ。

国内法、国際法は、文明を破壊するために使う。

−−−−−−
以上、あるコミュニティーから転載


集スト、テクノロジー犯罪も含めた大規模な邪悪な計画(某カルトは計画実行部隊のひとつであるのは被害者なら周知の事実)は、これを手本にしているのがよくわかります。

もしもこの創設者とやらの存在が無ければ、現代はもっと変わってたかも、集スト、テクノロジー犯罪自体が起きなかったかもしれません。


追記(追記した直後に外でカルトヘリ通過と、鳥の鳴き声音声送信がありました、人外共の執拗さ)

>集団ストーカーという技術はイルミナティにより作られ、その後、東ドイツにより洗練されたのち、日本に輸入される。
警察が取り締まらないのは、首謀者が国家(厳密に言えば明治維新により日本を乗っ取った勢力。)だからである。
盗聴器などが見つからないのは、レーザー盗聴を行っているからである。
ほかにも放射性物質散布、マイクロ波攻撃、思考盗聴など被害者を使い人体実験を行っている。
これらの技術はやがて量産化され、全人類に向けられる計画である。

詳しく知りたい方は上記のキーワードを検索してほしい。

日本の自殺の9割は他殺であり、世界の支配者の邪魔になるものは始末されるのだ。
マルドゥク派閥アナンヌキ
黒貴族
イルミナティ
...ずっと下り日本の支配者。
その下請けとして、創価学会をはじめさまざまな利権集団が実行している。
これらから得られる情報はスーパーコンピュータにより蓄積されている。

ポケモンGOも監視アプリである。

2016年8月 2日 (火)

「真実の目」より

もしも集団ストーカーというものが社会システムそのものであるとしたら。
こんなことはありえないと思う方がいるかもしれませんが。

表向きの彼らは偽善と潔癖と無関係を装いカモフラージュしながら、裏では人々の心理と運命を操っているとしたら。
私はすでにこの社会は闇のネットワークが網の目のように張り巡らされていて、政治、経済、教育機関、マスメディア、公権力までどこまでも彼らの力は及んでいると思っています。
一見、この世界は自由で平等のように見えますが、私たちはとんでもない世界に生きているのだとしたら。

マスメディアとは真実を語る機関ではなく、人々の心理操作と欲望と不安をあおる媒体であり、インターネットも同様に情報の大洪水から多くの嘘がばら撒かれているので、真実を探すにはいくつもの騙しのバリアを突破しなければいけません。

多くの人はこの現実で欲望に溺れ、自分が見えるものしか信じない、見えないものは疑い、不安からは逃げようとします。


彼らはこの人間の心理を巧妙な手法で操りながらこの現実を動かしているのです。

集団ストーカー、電磁波被害、思考盗聴、音声送信、被害者が訴えていることはまるで映画の話のようですが、多くの被害者はフィクションのような非現実的日常を体験していますが、この体験は被害妄想でも統合失調症でもなく、まぎれもない真実なのです。
人々はこの現実で権力と金に従い、享楽と物質的欲望に溺れ、不安からは逃げ惑い、そして影で行われている心理操作と電磁波被害に気づかず、知らないうちに摂取している薬物によって無気力、無抵抗になり、考える力を失い、真実を見えなくされているのかもしれません。

«邪悪な技術

無料ブログはココログ